腸内環境を整えて便秘解消できたコンブチャ【運命の酵素ドリンク】

腸内環境を整えて便秘解消できたコンブチャ

もともと快便だった私は高校を卒業した頃から便秘がちになるようになって、ひどい時にはなんと2週間も続き、おなかが重いような、気持ち悪いような感覚でどうしようもない状態でした。

 

そうなると下剤に頼るしかなく、今度は下剤を飲むことで自然な排便ができにくくなってしまって悪循環をたどっていました。そんな日々を送るようになって数年、友人からコンブチャをもらったのです。正直見た目のあまりのグロさにこれを飲むなんて絶対に無理だと最初は思いました。しかし今はおいしく毎日飲んでいます。

 

コンブチャには腸内環境を整える効果があって、善玉菌を増やして悪玉菌を抑制することでおなかをスッキリさせることが期待できるのです。

 

まさにそれまでの私の腸内環境は悪玉菌がとても多い状態だったのだと思いますが、幸いにも今はコンブチャ効果で毎日すっきりとしています。

 

コンブチャの味は友達の手作りのものを飲んだ時にはナチュラルな味だったので牛乳で割って飲んだのですが、ミルクティーとまではいかなくてもおいしく飲むことはできました。

 

今はもうコンブチャを飲むのが毎日の日課になっています。これがもしなかったらと考えると恐ろしいです。私は下剤にすっかり頼っていましたし、下剤を飲まないと1週間も便が出ない日が続いたりして根本的な解決になっていなかったからです。

 

今後も飲み続けてきたいと思っていますし、同じく便秘で悩む家族にも勧めました。家族にも効果が出てきているので、腸内環境が整えることの大切さを実感しています。

 

 

コンブチャで便秘が改善しました!

酷い便秘に悩まされていました。年齢を重ねるごとに症状は酷くなり、最近は痔の症状まで出るようになりました。

 

市販の便秘薬に頼ると、激しい腹痛に襲われ体調も悪くなります。薬の力で無理やり出すのは体にも良くなさそうと思い、もっと自然に便通が良くなる方法を探っていました。

 

そんな時にコンブチャが体にとって良い作用をもたらしてくれる事を知り、早速私も取り寄せて飲み始めました。美味しいといった口コミも多く、意気揚々と飲み始めたのですが、私はあまり味は好みでは無かったです。

 

続けられるか心配になりましたが、水で割るより炭酸水で割った方がサッパリとして飲みやすくなり、それからはずっと炭酸水で割って飲むようにしています。
コンブチャの効果が出てきたなと感じたのは、開始してから3日ぐらいが経った頃です。

 

それまではトイレへ行ってからかなり頑張らないと便が出なかったのですが、その時は久々に便意をもよおし、トイレへ行くと特に頑張る事もなく便を出す事が出来たのです。

 

しかもカチカチの水分が全くない便ではなく、いかにも健康的なバナナ状の便で、出した後はお腹の中がスッキリとしました。

 

それ以降も便通は順調で、毎日とはいかずとも、2日に1回は出るようになりました。便秘が改善され、肌の調子が良くなったのも嬉しい効果です。

 

⇒腸内環境を整えるコンブチャの公式サイトはこちら!

 

 

コンブチャの選び方として知っておくべき事

コンブチャと聞いても、いまいちピンと来ない人は少なくありません。ですがこれは所謂、紅茶きのこの事であり、発酵飲料である紅茶きのこが、欧米ではコンブチャという名前で大きなブームを起こしました。

 

その理由は飲む事で高いダイエット効果が得られるからであり、日本でも欧米での大ブームを受けて、飲み始める人が女性を中心に増えています。

 

というのもコンブチャはきのこから作られた発酵飲料であり、飲む事で体内酵素を補う事が可能です。体内酵素は、食べ物の消化をサポートする役割を持っており、年齢と共に減少して行きます。

 

その結果、太り易く痩せ難い体質になる人が多いのですが、酵素を摂取して補う事で基礎代謝力を上げて、太り難くきちんと痩せられる体質への変貌が期待可能です。なので飲みながらダイエットを行う事で、きちんとダイエット効果を得る事が可能になります。

 

そして日本でもコンブチャが人気となった事で現在、数多くの商品が販売されているのです。しかもそのまま飲むタイプや、濃縮されていて薄めるタイプ、粉末状になっていて好みのドリンクと混ぜるタイプ等、様々なタイプの商品が売られています。

 

そんなコンブチャの選び方としては、毎日自宅で飲みたい人は、そのまま飲むタイプの商品がおすすめです。逆に家を空ける機会が多い人は、飲み忘れない様に持ち運びし易い、粉末状の商品を選ぶ事がおすすめ出来ます。

 

⇒腸内環境を整えるコンブチャの公式サイトはこちら!

 

 

コンブチャを飲むと胃が痛い!?その原因とは

コンブチャは紅茶キノコとも呼ばれることがある発酵飲料です。モンゴルが発祥の地で、ロシアなどでも古くから親しまれている飲み物です。

 

腸内環境に働きかける乳酸菌や抗酸化力に優れたポリフェノール、基礎代謝を上昇させるアミノ酸など、体に良い作用をもたらす成分が多く含まれていることから、現在ではアメリカや日本などでも人気を集めています。

 

ところでコンブチャを利用している人の中には、飲むと胃が痛いと言う経験をしている人も少なくないようです。どうして胃が痛くなるのか、その原因はひとつではなく、また個人の体調などが関係していることも考えられます。

 

しかし一般的に考えられる原因としては、発酵飲料であるため酸味が強く、それに胃が刺激されるからと言うことが挙げられます。コンブチャの味は、果物を発酵させたお酢に近いとも言われています。

 

甘味と、それより強い酸味が特徴の飲み物なので、その酸味の部分に胃が刺激され、痛みを感じると言うことです。ではコンブチャを飲んで胃が痛いと言う状態を防ぐためには、どうすれば良いのかと言うと、ひとつは空腹時に飲まないと言う方法をとることです。

 

空腹時は胃が空っぽの状態ですから、そこに刺激が強いものをいきなり入れてしまうと、痛みは発生しやすいです。そのため飲む前には、何か食べるようにしておくと安心です。またコンブチャを原液のまま飲むと言うのも、やってはいけないことです。

 

炭酸水で薄める、ヨーグルトなどに混ぜて食べるようにすると、酸味が抑えられ胃痛を防ぐことができます。

 

 

コンブチャの売り場はドラッグストアにあります

コンブチャとは最近のハリウッド女優やの欧米のセレブが発信している燃焼系と排出系のハイブリッド型のダイエット目的の飲み物になります。

 

昆布茶と勘違いしている方が多いですが、昆布茶とは完全に別の物であり、元々は日本で販売されていた紅茶キノコと呼ばいた健康目的の飲み物があり、この紅茶キノコという飲み物を海外の方々が発音を聞き取り間違えてしまい、昆布茶と間違えて覚えてしまったため、コンブチャと表現されています。

 

そのため、この出来事以降は海外では紅茶キノコのことをコンブチャと表現するようになってしまい、その呼び方が日本にコンブチャとして輸入されたものになります。日本人の立場から考えると逆輸入のダイエット目的の飲み物になります。

 

実際に、この飲み物がどんな物であるかというとほとんど見た目はキノコと同様の物に見えます。容器の中に白い綿毛のような物が浮かんでおり、ゲル状になっているコンブチャの素となるものが入っています。

 

基本的には紅茶に漬け込み発酵させることで紅茶にその成分が抽出されて出てきます。過去に日本のダイエットブームの時期に流行になりましたが、流行になった時期では個人で作成するのが主流だったため食中毒等の問題点が指摘されたため不安視されて、自然と流行は廃れていきました。

 

しかし、現在では工場で徹底的な管理の下で製造をしており、ドラッグストア等の売り場で容易に購入することが出来ます。ただ、ドラッグストアで購入するよりも公式サイトから購入したほうがずっとお得です。

 

⇒ドラッグストアよりお得なコンブチャの公式サイトはこちら!